既存のビジネスフォン(PBX)の入れ替えのタイミングで、 利用中のケータイと連携できる、安くて便利な電話システムを検討していました。

選択の理由

ケータイと連携するタイプのビジネスフォンは高価なシステムが多く購入できませんでした。どこでも内線なら、必要とする機能が備わっていて、社員が現在使っているケータイもそのまま利用でき、かつシステムの導入費用が安価であり、決めました。更に、クラウドサービスのため、オフィスのレイアウト変更も、工事不要で簡単にできる点も魅力的です。

利用シーン

PBXを設置せずに、パーク保留等のビジネスフォンの基本機能が使えることは便利です。更に、取引先から会社にかかってくる電話を、外出が多い営業スタッフや制作スタッフのケータイへ、社内や社外を問わず、そのまま内線で転送できる点が便利です。