音声サーバー用のWindowsサーバーや追加で必要なハブ等も社内で用意することで、工事代、部材代等の外部に流出する細かなコストまで抑えることができました。

 株式会社ZOAは、「お客様の感動と会社の成長と社員の成長を一致させよう」というスローガンのもと、「三位一致」を企業理念として経営されている会社です。「お客様に感動していただくことが、会社の成長の原点となり、お客様を感動させるための創意工夫こそが社員の成長につながる。」を、静岡県を中心に全国展開されるパソコン、OA機器、バイク用品等の小売りチェーン店におけるビジネスを通じて実践されています。取材日現在、店舗数は静岡に12店舗、更に、愛知、神奈川、山梨、岡山、徳島、兵庫、石川、富山、福井、秋田にも店舗展開し、全国23店舗を「OAナガシマ」「コンピュータープラザZOA」「パソコンの館」のブランド名で運営されています。

 お客様は、従来から、社内の電話システムの更新の必要を感じられておりました。検討においては、自社が最先端のIT関連商品の取り扱いを行っていることを考えて、「これからは、従来型のPBXタイプではなく、時代の先端をいくクラウドPBXがいい」ということで、大手企業によるクラウドサービスを検討されていました。弊社のシステムを千葉県幕張で開催されていたITの展示会で知り、何度か議論を重ねた結果、大手に比べて圧倒的な価格の安さや音声サーバーの設定画面の使い勝手の良さ、そして懸念材料であった店舗での内線の仕組みをスマホ内線(SIMフリーのアンドロイド端末)で簡単に実現できることがわかり、ご採用を頂きました。
本社のサーバールームに音声サーバーを導入し、本社は固定のIPフォン、店舗は固定のIPフォン1-2台と無線LANで利用するスマホ内線(AGEphone Biz)2-3台の構成としました。本社のサーバー1台で、全社店舗にクラウドで内線サービスを実現するシステムです。サーバーやIPフォンを接続する社内LANは、既存のLAN(有線、無線)をそのまま利用することでLAN工事費用を発生させず、音声サーバー用のWindowsサーバーや追加で必要なハブ等も社内で用意することで、工事代、部材代等の外部に流出する細かなコストまで抑えることができました。
以下、お客様の声をインタビュー形式で記載します。

今回導入された「iスマートBiz」を採用された理由は何ですか。

古くなったPBXや固定電話機を新しくしたかったからです。ビジネスフォンを購入すると金額が高いため、安いビジネスフォンを探していました。クラウドPBXやクラウド電話に興味があり、展示会でアイルネットを見つけました。固定電話機の台数を減らすという弊社側のニーズに対して、スマートフォンでも内線できることがわかり導入することにしました。既に社内にはWIFI環境が整備されており、アンドロイドのスマホをWIFI環境でSIMフリーで利用できるため、月額費用も安く、本社、物流センターと23店舗の合計25拠点全体の内線システムを安価に構築できることがわかったため導入を決定しました。

導入工事は大変でしたか。

とても簡単でした。導入は、ラインニング費用を抑えるために、音声サーバーとして利用するWindowsサーバーを社内のサーバールームに構築する方法(オンプレミス)としました。サーバーの設置は、30分程度で終了しました。IPフォンは、社内のLANに接続するだけでしたし、またスマホ内線で利用する AGEphone Bizもアプリをアンドロイド端末にダウンロードして設定するだけでしたので簡単でした。大きな問題はありませんでした。サーバーの設置完了後に、自社で運用するためのサーバーとIPフォンの運用トレーニングも受けられ、どのような仕組みになっており、どのように運用したらいいかもよく理解できました。

導入して良かったことは何ですか。
ここが便利でいいという例を教えてください。

本社と店舗が全て内線で接続されたことは便利ですね。店舗は、固定IPフォン1台+WIFIスマホ内線 AGEphone Biz 2-3台を基本構成として統一することができました。もともと店舗にはビジネスフォンがない拠点も多かったので、今回の導入によって、本社のサーバーによるクラウド構成で統一的な内線番号が使えるようになったのは大きいですね。先に述べましたように、自社で設定変更や電話機の追加も可能ですので、保守費用もかからず、電話システムの煩わしさや心配がなくなりました。とても安心です。

導入前に注意された点はありますか。

スマホ内線は、WIFIの電波に依存するため、どうしても音質は、WIFIの性能に影響されてしまいます。心配でしたので、導入前に、自社で利用しているアンドロイドのスマホにAGEphone Bizをダウンロードして、社内無線LAN環境で音質試験を行いました。結果、音質問題はなかったため導入することにしました。また、導入もステップに分けました。今回の導入は第1ステップとして内線化までとし、店舗に外線ゲートウェイは設置しませんでした。次のステップで、店舗に外線ゲートウェイを設置して、店舗固有の固定電話番号を利用できる環境を構築していきたいと考えています。

最後に全体的な感想をお聞かせください。

シンプルでわかりやすいサービスです。料金も安く、わかりやすい料金体系です。とにかく導入費用が安いのが魅力ですね。これまでのようなビジネスフォンも検討しましたが、導入費用やPBXの保守運用の面倒さを考えると、断然クラウドサーバータイプはいいですね。サーバーの設定方法もWEBで使えるGUIであり、使い勝手もいいです。設定方法も分かりやすくできています。

ご協力ありがとうございました。

zoa_img3
zoa_img4

導入台数

■118台(IPフォン 72台、モバイル 46台)

導入時期

■2016年4月

会社プロフィール

zoa_img1
▲本社

■会社名:株式会社ZOA
■設立:昭和59年4月27日
■資本金:3億3198万円(平成26年3月31日現在)
■従業員:227名 (平成27年3月31日現在)
■代表者:代表取締役社長執行役員 伊井 一史
■事業内容:コンピュータ及び関連機器、バイク用品等の店頭小売販売

zoa_img2
▲導入を担当されたシステム課の皆さん
(左から)兼高さん・山本さん・山田さん