倉庫との確認業務が多く、倉庫と事務所の間で、 無線端末で自由に携帯で通話ができるようなビジネスフォンの導入を 検討していました。

選択の理由

従来のビジネスフォンの場合、倉庫内に構内ケータイの専用アンテナを敷設する必要があり、価格面で合いませんでした。どこでも内線なら専用アンテナ不要で導入費用が安いことがわかり、更にクラウドサービスなのでビジネスフォンやケータイの台数も自由に増やせ、将来の発展性が高いことから導入を決定しました。

利用シーン

取引先からオフィスに商品在庫照会の来電があった際、倉庫のケータイへ内線転送し取引先対応をスピーディに、便利に実施できるようになりました。